レグテクトの薬「アルコール依存症」を完治させる!!

アルコール依存症の薬「レグテクト」

 

アルコール依存症を「何とかしてほしい」

 

アルコール依存症の薬「レグテクト」通販で購入

友達がどうもアルコール依存症で困っています。

 

昔から酒癖の悪いやつでしたが、最近は泥酔状態で突然電話してきました。

 

どうやら家でも四六時中酒を飲んでいるようで、寝るときは母親に紙おむつを装着してもらっているようです・・・。

 

深夜でも酔っぱらって電話してくるし、話している内容はチグハグだし、本当に迷惑しています。

 

たまにシラフの時に電話してきて泥酔時の無礼を反省していますが、酒を飲むとまた同じことを繰り返しています。

 

いっそ友人を辞めようかとも思ったのですが、こんなひどいアルコール依存症は治るものなのでしょうか?

 

 

 アルコール依存症を改善する薬

 

大量のお酒を飲み続けることにより、次第にお酒ナシではいられなくなってしまう病気、それがアルコール依存症です。

izonnsyou.png

 

お酒を飲まないとイライラしたり、気分が晴れなかったりしする。
一度アルコール依存症を発症してしまえば、後はとめどなく飲んでしまう。

 

一般人なら普通にできる「今日は飲もう、今日は飲まない」という選択肢が、アルコール依存症になると、「酒を飲むしかない」という選択肢しかありません。

 

 

昔は、アルコール依存症のことを「不治の病」と呼ばれ、治すことができない病気とされていました。

 

しかし、現在では医学の発展により、新しい治療薬が発売されています。
それが、アルコール依存症を改善する薬「レグテクト」です。
kusuri.jpg

 

アルコール依存症とグルタミン酸の関係

まずは、アルコール依存症の薬に関する話の前に、原因について。

 

厚生労働省が健康増進法に基づき「節度ある適度な飲酒」「多量飲酒」の基準を提示しています。

 

  • 節度ある飲酒量:1日平均20gのアルコール
  • 多量飲酒の量:1日平均60gのアルコール

 

毎日のように60g以上のアルコール量(ビール中ビン3本、日本酒3合、焼酎300mlに相当)を飲むことで、普段とは違い、脳内に変化が起こりやすく、正常を保つことができなくなります。
nounai.png

 

どうしてアルコールをたくさん飲むと正常を保つことができず、結果的にアルコール依存症になるのか?

 

アルコールとグルタミン酸の関係

一般的(1日平均20g程度)に、アルコールを吸収することで、グルタミン酸が弱く減少し、これが影響し脳内の神経伝達物質の一つギャバが活発に作用します。

 

すると、フラフラしたり、眠気が襲ってきます。
つまり、これが酔いの仕組みになります。

 

horoyoi.png

 

しかし、毎日のように大量のアルコール(1日平均60g以上)を飲むことで、常に酔っぱらった状態になり、それを長期間維持することでグルタミン酸に変化を起こします。

 

毎日のように大量のアルコールがグルタミン酸と結合することで、量が次第に増え、強くなります。
すると、興奮状態を維持するために、「お酒が飲みたい」という欲求が強くなり、毎日のように大量のアルコールを求めてしまいます。

 

これがアルコール依存症の原因になります。

 

 

そこで、利用するのがアルコール依存症の薬「レグテク」になります。
regutekut.jpg

 

レグテクは、新しいタイプのアルコール依存症の薬で、日本国内では2013年3月25日に許可されましたばかりです。

 

レグテクトを服用することで、主成分である「アカンプロサートカルシウム」がグルタミン酸の量を抑制してくれます。

 

そうすることで、グルタミン酸の量が減るため、次第にギャバの作用が収まるため、興奮状態が正常に戻り、結果的にアルコール依存症を完治してくれるわけです。

 

アルコール依存症の薬を通販で購入

アルコール依存症の薬であるレグテクの購入についてですが、処方せん医薬品になるため、病院の医師による指導のもとで、検査や問診を受けた後に、購入することができます。

 

しかし、さまざまな問題で(病院までの距離、通院時間)、病院に通院できないという人もいると思います。

 

そこで、もう一つの方法として、インターネット通販の利用があります。
kibord.jpg

 

アルコール依存症の薬であるレグテクトは、日本国内では処方箋がないと購入することはできません。
しかし、通販の場合は、海外で販売しているレグテクト(海外名:アカンプタス)は処方箋無しでも「購入、利用」は可能です。

 

価格についてですが、
国内で処方されているレグテクトは「1錠50.10円」、通販の場合は「約40〜50円」です。

処方先

薬名

価格

病院 レグテクト 50.10円
通販 アカンプロサート 40〜50円

 

価格については、そこまでの大差はないと思います。
しかし、病院の場合だと「薬代、受診代、検査代、移動代」など薬とは別のお金がかかります。

 

対して、インターネットの通販の場合「薬代」だけで「手数料、送料」は無料です。
okanegakakaru.jpg

 

アルコール依存症の薬であるレグテクトに限らず、医薬品の服用に関して、服用する前は必ず添付文書を読み、用法用量を確認し利用することが大切になります。

 

レグテクトを通販で購入

数量

価格

1個の価格

通販

1箱(60錠) 2,900円 48円

 

 

 

購入はコチラから >>

2箱(60錠×2) 4,500円 37円
3箱(60錠×3) 6,400円 35円

 

 

ページの上へ