いつもと違った酒の飲み方を変えることが重要

生活習慣に変化を

禁酒を始めても、タバコを吸わないこと以外は依然と同じような行動を取ろうとします。積み重ねられた習慣は、意識しないと変わらないものです。

 

仕事が終わってから、すぐに家に帰り、ビールを飲む、焼酎や赤ワインを飲む。
しかし、禁酒になると、行動が変わります。そのほかにも、休日は朝から晩まで飲んでいた酒を飲まなくなる。すると、一日スペースが空くために、うまく利用することが重要になります。

 

そうした、普段とは違う行動をとらなければいけないということになります。
そうしないと、せっかくアルコール中毒から乗り越えたとしても、時間が空いたときに、軽い気持ちで酒を飲んでしまう可能性があります。

 

そこで、禁酒をする前に自分が今まで取っていた酒の習慣を変えておくこと。長年培った時間お使い方を変え、タバコを吸う場所などを変えることで、ストレスが溜まりにくい環境を作れるはずです。

 

いろんな時間の使い方を試し、自分が一番ストレスのたまらない朝のタバコ時間の使い方、リラックスできる休憩時間の使い方などを見つけ、禁煙の成功率を上げることが重要になります。

 

 

ページの上へ