アルコールを飲まないようにイメージを変える

環境のイメージを変える

毎日の生活の中で、過去を振り返ると、同じような行動をとっていることが多い。
仕事から帰り、自宅で酒を飲む。

 

冷蔵庫で冷やしたビールを、お気に入りのコップに入れて、何時も座っていたソファーに座り、テレビを見ながら酒を飲む。

 

以外と決まったパターンで、同じことを繰り返してしまうのです。

 

そこで、現在は冷蔵庫には酒を置かない、何時も使っていたコップはしまっておく、ソファーの位置を変えるなど、少し工夫を施しています。

 

酒が飲みたくなる環境になってしまうために、ちょっとした変化を取り込んでいます。禁酒をしていると、そういった場所でアルコールを吸収してしまう。無意識の中で、意識してしまうので、その前に行うことが大事ですね。

 

飲酒を心がけるために、今まで使っていたコップを捨てるというのも一つ重要なことかもしれない。確かにもったいないという衝動に駆られるかもしれないが、お酒を飲まなくなるので、ある程度は金銭的な余裕が出るのではないでしょうか?

 

そして、自宅でのアルコールのイメージを変えるために、今までとは違ったことを行うことも大切だと思います。

 

今までとは違ったポスターを張る、新しいインテリアを加えるなど、ちょとしたことでも、大きく変わるのではないでしょうか?

 

 

ページの上へ