アルコールで腸の以上がわかっている

アルコールと腸内細菌

程よいアルコールの摂取量はオススメで、血液の循環が良くなり、寿命が長くなるという話を聞きます。しかし、飲み過ぎは禁物で、腸内細菌のバランスが悪くなり、便秘や下痢など、腸を痛めることが有ります。

 

象徴的なのが、健康な人の便の成分を痛めてしまうこと。

 

腸内細菌のバランスが崩れると、バクテロイデスなどのグラム陰性像が増えることがわかっています。20代など若い世代なら、そこまで心配することはないと思いますが、年齢が高まることで、どんどん抵抗することができなくなり、炎症性サイトカインが分泌。肥満や糖尿病につながると言われています。

 

しかも、徐々に症状が起こりやすいと言われているので、自分ではなかなか気づかないと言われています。なおかつ、アルコールは免疫力を下げることもわかっています。

 

すさんや拡散などの脂肪細胞は腸内細菌が乱れると不足しがちになる。バリア機能が低下する。その結末としては、アレルギー原画体内に入りやすくなり、免疫細胞を抑制するT細胞を作られにくくなります。免疫システムがおかしくなる可能性があるために、やはり十分に気をつけなくてはいけませんね。

 

アルコールの量を正常に保ちつつ、腸内の細菌を強くし、免疫料を保つためにヨーグルトなどが進められています。しっかりとした生活環境を心がけることが重要になりますね。

 

 

ページの上へ