今まで好きだった酒を薬を服用することで嫌いになる?

今まで好きだったのが嫌いになる

国内ではアルコール依存症を改善するためにレグテクトの薬が処方される事が多いです。しかし、一昔までは「antabuse」という嫌酒薬がメインとして処方されていたそうです。

 

アルコール飲料は世界で最も古く、かつポピュラーな向精神薬です。向精神薬は精神を落ち着かせる効果はあるのですが、依存性が強いために、どうしても辞めることが出来ない。ある程度の量なら、健康的に効き目がありますが、飲み過ぎることで体に害を与える可能性があるために十分に注意が必要となります。

 

アルコールは日本だけでなく、世界的にも利用され、アルコール飲料の摂取を決めている国もあります。このantabuseという嫌酒薬はイスラム社会やインドのような国でも使われているそうです。

 

日本のように陰主人公が6000万人以上と多い国でも使われやすい。

 

antabuseという嫌酒薬は、簡単に言うと服用することでお酒が嫌いになるという作用があります。苦痛を発生させ、飲むことが苦しくなる。もともとはゴム製造工場の労働者が飲酒による吐き気、嘔吐、頭痛など、このような悩みを改善するために開発された薬。

 

しかし、服用することで、酒を止める人が増えたために、病院でも使われるようになったわけですね。ただし、それなりの副作用が強いために、現在のところ、日本で処方されるケースは少ないとのこと。

 

 

ページの上へ